資金調達にはどんな種類があるの?

世界的にみても今、起業をする人が増えているといわれています。ゼロ円起業やスモール事業はもちろんの事、個人事業主であれば誰でも起業が出来るので、学生が社会勉強として始めるケースも珍しくありません。インターネットがあれば世界中とコンタクトが取りやすくなったのも良い意味で起業へのハードルを低くしているといえるでしょう。

起業のメリットといえばなんといっても自分の自由に事業展開が出来る点です。自分のやりたい事や得意な分野を強みにしていけば、楽しみながら利益を得られるのは一石二鳥です。仕事をする時間についても自由なので自分のペースやキャパを考えながら出来るのも、起業の強みです。自分のやりたい事業を展開していき、一生仕事を楽しんでいきたい。そう考える方も事業主に向いています。

但し起業・事業主になるという事は全て自己責任となり、誰かに頼る事は出来ません。失敗やトラブルはもちろんの事、事業がうまくいかず収入が得られない場合も自己責任です。サラリーマンの様に保証が無くケースによっては借金を抱える可能性も珍しくありません。新規事業主は社会的に信頼を得るのが難しいので賃貸契約がしにくい。あるいはローンが通らない場合もあります。資金面で言えば老後の貯蓄を自ら行わなければ誰も用意してくれません。

一長一短である起業ですが、特に悩みのタネになるのが資金調達です。ココでは資金調達にスポットを当てて紹介しているので参考にしてみて下さい。