この記事をシェアする

これからの起業とは?

ビジネスローンは最もポピュラー?

起業する際の大きなハードルといえば資金調達です。全て自己資金で賄えればいいですが、ほとんどのケースは十分に資金調達をした上で創業しています。

資金調達にもいくつか種類があり、最もポピュラーといわれているのがビジネスローンです。ビジネスローンは個人・法人問わず事業を営んでいる方に貸付をするサービスで、設備投資金や取引先への支払資金の調達が可能です。銀行での貸付や公的融資よりもスピーディな対応が強みで、且つまだ経験の浅い事業主への貸付も可能です。

他の方法に比べて金利が高く、且つ借入れ可能額が低いのでメインの資金調達としては心もとないです。また企業をしっかりと見極めないと思わぬトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

ネットを介した資金調達

ポピュラーな資金調達はこれまで先人達が利用してきた実績があるので、安心して利用出来るのが利点です。しかしネットが発達した今だからこそ、より簡単に資金調達が出来るかも知れません。

2000年に入った辺りからジワジワと知名度を上げているクラウドファンディングは、専用のサイトを通じて実行者と支援者を繋げてくれるサービスです。実行者は目標金額を設定し、支援者へ呼びかけて資金を集います。支援者は実行者が提供するサービスやリターン、ブランディングなどをチェックした上で支援を行います。

このサービスは一人ひとりの支援額が少ないので資金が集まりやすい反面、ある程度工夫をしなければアイディアやサービスを盗まれる可能性があるのがネックです。