この記事をシェアする

起業融資ってどんなサービス?

起業資金のメリット・デメリット

これから起業する方に知っていて欲しい起業資金融資サービスは、これから新事業を立ち上げる方、特に真っ白なスタートアップ事業を手厚くサポートしてくれます。

起業融資の特徴はビジネスローンと比べて金利が安く、且つ経験の浅い事業にも柔軟な対応なのが強みです。また通常の融資に比べると審査が通りやすいので、資金調達を行う場合に知っているとかなり有利になります。

ちなみに起業融資は創業当初が最も融資を受けやすいのが、他の資金調達方法と大きく異なっています。融資までの期間が3週間~1ヶ月と短いのはもちろんの事、自己資金無し・担保や保証人無しでも借入れ出来るケースもあるので、スタートアップや創業時の資金調達に困った時に利用してみましょう。

どこが融資してくれるの?

融資先は一つではなく、自分にあった融資先から受ける事が出来ます。最も借入れしやすいといわれている日本政策金融公庫の創業融資は新規事業主だけでは無く、女性や若者、更にはシニアにも起業支援をしています。政府が管理している融資先なので借入れが出来ると社会的なステータスにもなります。

但しある程度審査基準のハードルが高いので、全ての企業が審査に受かる事はありません。続いては銀行を含む民間の企業が提供している起業融資です。公庫が提供するサービスと大きく異なる点はありませんが、前者よりもやや審査が厳しくなっています。

融資までの期間が2~3ヶ月かかるケースもあり、今すぐに資金調達をしたい場合にはネックになりがちです。